the dog lying on the beach

治療ができない場合も

the cat has yellow eyes

フィラリアは非常に簡単に予防することができますが、寄生されてしまった場合には、駆除できないケースがあるのです。
では、なぜフィラリアを駆除することができないのでしょうか?
その理由はいろいろありますが、ペットである犬や猫の体力が持たないことにあるんです。

フィラリアという寄生虫は犬や猫の心臓やその近くの血管に寄生する寄生虫です。ですから、駆除しようと思った場合、心臓に対して非常に大きな負担がかかる外科手術が必要になってきます。
そのため、その負担に耐えうるほどの体力がないような場合には、手の施しようがなくなるのです。
また、フィラリアが体内で死んだ場合、その死骸が血管に詰まって、梗塞状態を生み出してしまうケースもあります。人の心筋梗塞などと同様に突然死の可能性も出てくるのです。

そのような悲劇が起こらないようにするためには、やはり寄生されないように適切に予防してあげることが肝心なのです。
レボリューションなどの予防薬を投薬するだけで簡単に予防できるので、上手に活用するようにしましょう。
寄生されてしまえば、駆除することができないと考えれば確実に予防してあげようとなるのが普通だと思います。
簡単には駆除することができませんが、予防は非常に簡単なので、少し手間がかかるとしても予防を行っていくということが肝心なんです。
ですが、今ではその予防薬の投与に関しても、とっても簡単にできるようになっているんですよ。
次のページでは、その簡単な方法について紹介しますね。